自己流の面接術

転職歴の多い自分は書類選考では落とされる可能性が高い為に出来る限り直接面接してくれる企業に申し込みました。
結果論かもしれませんが自分の戦略は間違っていなかったと思います。
転職歴の多い自分は際立った経験がないので志望動機を熱く語ることにしたのです。
熱くといっても冷静さは失ってはいけないし、さりげなく誠実に伝えることが良い結果に繋がったことが多いのではないかと思っています。
面接官って求職者と同様に不安を抱えているんだと思います。

求職者の不安が面接ではどんなことを訊かれるのだろう?
過去の辞職理由を訊かれた時にどんな風に説明したらいいのだろう?
自分の乏しい経験や年齢の高さは採用の障害にはならないだろうか?

小心者の自分は面接前には不安で一杯でした。
そんな求職者と同様に面接官も不安を感じているのではないかと思うようになってきました。
どんな人が面接にくるんだろうか?
変な人ではないだろうか?
果たしてこの会社で勤めることは出来るだろうか?

想像ですが面接官も色々な心配をしていると思えるようになったんです。
思えるようになったきっかけは今でもはっきりと覚えていません。

さて面接官も不安を抱きながら面接をしていると思えるようになると少しは面接を受ける時に楽になるんじゃないかな?
少なくても自分はそうです。
そんな不安を抱いている面接官の心が固まるように志望動機だけはしっかりと伝えるようにしました。
と言っても最近になってやっと志望動機を伝えることの大切さに気付いたんです(-_-;)
転職歴が多い人でも志望動機をしっかりと伝えれば面接官の心に届くかもしれないですよ。
なんと言ってもやる気を見せることが一番だと思っています。
何か独りよがりのつまらない面接の心構えになりましたが、読んでくださってありがとうございました。