ヘルパーさんに感謝

ヘルパーさんのお世話になっている人はいますか?
実は自分はお世話になっています。
と言っても自分自身ではなくて母親と従弟なんです。
母親は高齢で今年骨を痛めて歩くのが不自由になったんです。
それで介護事業所からヘルパーさんを紹介してもらったんです。
来てくれるヘルパーさんは親切でテキパキ動く人が多くてとても助かっています。
買い物がメインですが余った時間は部屋の掃除もしてくれるのです。
時間は短いですがとても自分は助かっているんです。
とても自分一人だけでは世話出来ません!
世話だけで済んだらいいけど生活の為には仕事もしなければいけないので本当に大変です。
もしヘルパーさんがしてくれなかったら全部自分がしなければいけないようになり、従弟の世話でも大変な自分が過労で倒れてしまうかもしれません。
従弟も障害者でヘルパーさんの世話になっています。
そんなヘルパーさんですが離職率が高いのは残念です。
自分が知っている人も介護の仕事をしていましたが腰を痛めて離職したみたいです。
腰を痛めるケースも多くて肉体的にも大変な仕事だと思います。
でも見聞した話では肉体的な大変さだけでなくて精神的にも大変みたいです。
やはり人間相手の仕事なんでクレームに発展することがあるみたいです。
来てくれるヘルパーさんが気に入らなくてヘルパーさんを替えてくれというクレームもあるみたいです。
世話をする人が比較的に健康な人であればヘルパーさんも楽だと思うけど自分の母親のようにほとんど寝たきりの人もいると思います。
日常生活が出来ない人の世話をするのは本当に大変だと自分の母親の介護を通じて感じています。
そんな人たちを助けるヘルパーさんの仕事はなくてはならない仕事だと思うけど、重労働の割に給料が安くて仕事内容によっては徹夜もあり不規則みたいです。
政府は介護職の離職ゼロを目指していますが給与面と環境面の改善は勿論のことですが、自分は多くの人が誠実に働いているヘルパーさんを含む介護職の人がもっと尊敬されるようになればいいと思っています。
弱い人を仕事とはいえ助ける人は本当に尊いと思っています。