イベントスタッフの仕事

イベントスタッフとはコンサートや何かの催しの運営の手伝いをする仕事です。
その中には机や椅子を運ぶ仕事もあります。
体力を使う仕事で機敏さが要求されるので若い人が大半です。
そんな現場に30代後半の自分が飛び込んだのです。
次の仕事が決まるまでの単発のアルバイトで何とかなるだろうと思っていたけど考えが甘かったです。
最初のうちは若い人に負けない動きをしていたのだけど、段々と疲労が溜まってきて腕も怠くなって重たい長机を移動する時には力が抜けそうになってきたのです。
人はいつまでも若いつもりでいる時があるけど体力仕事をした時に自分の体力の衰えを感じると思います。
中には例外もあると思うけど年齢を重ねたら少しずつ落ちてくるみたいです。
さてイベントスタッフというのは常時仕事がないケースが多いです。
何かのイベントがあった時に登録している会社から電話がかかってくるのです。
自分が呼ばれたイベントはプロ野球の阪神タイガースの本拠地の甲子園球場で開催されたイベントです。
そのイベントとはコンサートだったのです。
そして歌うのはなんと有名なイーグルスでした。
コンサート会場の長椅子等の設置をしている時に目の前に外人がいました。
天然ボケの自分はスタッフの一員だと思って机の位置を指さして「このへんでいいですか?」とその外人に訊きました。
外人は日本語が全く解らずに無言のままでした。
コンサート会場の椅子等の設置が終わった後は場内整理の仕事もありました。
コンサートが始まれば興奮して動き回る人がいるからです。
コンサートが始まりました。
一曲目はなんとイーグルスの大ヒット曲の「ホテルカリフォルニア」でした。
しかしメンバーのドラマーを見るとさきほどスタッフの一員だと思って訊いた外人がドラムを叩いているではないですか!
自分がスタッフと思っていた人は実はイーグルスのドラマーだったのです。
イーグルスというバンドは勿論知っていたけど各々の名前と顔は詳しくはなかったのです。
ドラマーはきっと演奏する場所の下見をしていたのでしょう!
大物のアーティストの演奏に自分は夢中になり仕事に身が入りませんでした。
でもそれは自分だけではなくて多くのスタッフもそうみたいでした。
目の前に大物アーティストがいれば仕事中とはいえ観たくて仕方がない気持ちになってしまうものです。

さてイベントスタッフは不定期の仕事で管理職以外は正社員は少ないと思うけど興味がある人もいると思います。
自分なりに向いている人を考えました。
先ずは時間内に作業を終わらせなければいけないので積極的に動く人がいいと思います。
それから大勢の人と作業するので阿吽の呼吸を感じることが必要です。
その2つがあって普通の体力があれば誰でもすることが出来ると思います。
有名な人を間近で見る機会が多い仕事かもしれません。

カテゴリー: イベントスタッフ パーマリンク