くだもの屋の仕事

自分は果物は大好きですが果物屋で働きたい気持ちなど毛頭ありませんでした。
しかし定時制高校に通っていた自分は昼間は働く時間があったので働くのが当たり前だと思っていました。
果物屋を選んだのは単に時間的な都合がよかったからです。
短時間の勤務で授業の始業時間に間に合う仕事は自分にとって都合のいい仕事だったのです。
自分が働いていた場所は純粋な意味で果物屋ではなく色々な食べ物を置く小さな店でした。
でも経営者が果物屋を経営していてその息子が小さな店を任されていたのでした。
小さな店の前にも果物が多く並んでいました。
特にメロンが多かったと記憶しています。
客層がスナック関係の人が多くて果物や珍味は必須で品切れには注意していたようです。
スナックの中には配達して欲しいという店長やオーナーもいたので自分は3時を過ぎれば販売から配達に回っていました。
でも配達先のスナックやパブには綺麗なお姉さんが多くてまだ純情な青少年でしたが目の保養になりました。(笑)
でも時々怖いマスターがいて言葉遣いが悪いとドヤされたこともありました。
でも綺麗なお姉さんに会える期待の方が勝っていました。
自分は朝は寝ている店長の代わりに店番を一人でしていました。
主な仕事はレジ係ですが爆睡している店長を昼の1時を過ぎたら起こすのも仕事でした。
店長は朝方まで仕事をしていたので寝る時間が朝だったのです。
でも昼の4時には店にこなければいけませんでした。
いつも店長は眠そうでしたが時々「人間ってどうして眠らなければいけないのだろう?」と一人でつぶやくことがありました。
それほど多忙な一日で寝る時間も忙しい時期は勿体ないみたいでした。
店長はサラリーマン時代が良かったみたいなことを言っていましたが、親の手伝いだから仕方がないとぼやいていました。
商売していて自分の個人的な時間が多い人もいるかもしれないけど、個人的な時間が少ない人の方が多いかもしれません。
それほど商売で勝ち抜くことは大変なことなのかもしれません。
さて店長はそうでもないが店長の親であるオーナーは少し偏屈で冗談が通じなくて世間話が出来ませんでした。
ある大雨の日に雨がなかなか止まないので自分が「雨はなかなか止みませんね!」と言ったらオーナーは「雨やからなぁ」と一言だけ言い、それで会話が終了しました。
オーナーの店である果物専門店で働いていた自分と同い年ぐらいの同僚はいつも息が詰まるとぼやいていました。
さてそんな果物を扱う店で働くことに向いている人はどんな人でしょうか?考えてみました。
基本的に果物の種類を覚えるだけでいいけど、時々美味しい果物はどれ?って訊かれることがあるので表面から熟した果物を識別する能力があればいいと思います。
他には販売業なんでお客様に親切にしてあげるサービス精神があればいいと思います。
時間帯によって一人勤務の時があるのでそれでも平気な人が望ましいです。
果物をただで食べることも可能なんで果物好きにはいい仕事かもしれません。

カテゴリー: 果物屋 | コメントする

引っ越し屋の仕事

イジメが原因で高校を中退した自分は暫くは対人恐怖症になり引きこもりの生活をするようになりました。
そんな自分を見て母親も気が少しおかしくなったこともありました。
でも自分は人と会うのが不安で不安で仕方がなかったのです。
人と上手くやっていく自信がなかったのです。
もしかして人からイジメられる恐怖心があったからかもしれません。
そんな自分を心配して兄と親が外に出るように勧めてくれました。
それが引っ越し屋の一日バイトだったのです。
引っ越しは大手ならいざ知らず小さな引っ越し業者は毎日仕事があるかどうか分りません。
それで人手が必要な時に一日だけのバイトを募集していたのです。
引っ越し作業は初めてだったしバイトも一度もしたことがない18歳の自分はバイト前日は不安で不安で仕方がありませんでした。
結局は寝不足で当日を迎えました。
一人で不安そうな自分を見て兄は一緒に引っ越屋の会社まで連れて行ってくれました。
すると現場の責任者らしい人が引っ越し作業を効率化する為に15人程度のバイトをグループ分けしていました。
やがて自分もグループ分けされましたが兄とは違うグループになってしまいました。
グループ分けはされたけど現場は同じでした。
大きなテーブルが多かったので一人では持てないのでグループ分けしたみたいでした。
でもバイト初体験の自分は動きが遅くて同じグループの人に迷惑をかけたみたいです。
そんな様子を見た兄は代わりに素早く荷物を持ってくれて動きの悪い自分をフォローしてくれました。
今でも思い出す兄との出来事です。

引っ越し作業は持つ荷物によって辛さがだいぶ違います。
最悪なのはエレベーターのない5階ぐらいの部屋の搬入・搬出作業です。
エレベータが使えないので階段を使うことになるのですが、狭い階段が多くて荷物の向きを変えないと先に進めないことがあるのです。
その時は一緒に持っている相手との呼吸が合わなければ荷物を傷つけてしまう恐れがあるので注意です。
荷物の中には高価なものや買い替えが出来ないものがあるので荷物の破損には注意が必要です。
でも当時は引っ越し会社の中には破損時の保険に加入していない業者も多かったのではないかと思います。
基本的に重たい荷物が多い引っ越し業者には力持ちが多い気がします。
腕を見るとかなり太いのです。
格闘家みたいな太い腕の人もいました。
それから今は法律が厳しくて無理だと思いますが汗をかく引っ越し作業なんで水分補給に昼休みにビールを呑んでいる人もいました。
そのまま運転していた人もいました。
基本的にバイトが多い業界みたいですが体育会系の業者もあると思います。
体力を使い時間内で終わらせなければいけない大変な仕事ですが仕事終わりには爽快感があるみたいです。
でも自分は筋肉痛でそれどころではありませんでした(笑)
さてそんな引っ越し業に向く人はどんな人でしょうか?
先ずは体力が必要です。
それから狭い道にトラックを停めることもあるので運転にある程度慣れている人の方がいいです。
それから頭よりも気合で仕事をすることが多いので体育会に慣れている人はいいかもしれません。

カテゴリー: 引っ越し屋 | コメントする

不動産管理業の仕事

街を歩けば不動産屋を必ず見ると思います。
でも不動産屋って空き部屋を案内するだけではないとこもあるんですよ。
不動産の管理業を兼ねているところもあるんです。
さて不動産の管理業とは何でしょうか?
マンションやアパートを大家さんは持っています。
その大家さんに代わりマンションやアパートを管理するのが不動産屋の管理部門なのです。
名前だけ見ると大きな会社が管理しているみたいですが小さな不動産屋が空き部屋紹介と平行して営業しているケースも多いです。
不動産管理の仕事は先ずは先輩と同行して道を覚えることから始まりました。
かなり広範囲に管理物件があったので一通り回ったら結構な走行距離になりました。
入社する前はほとんどペーパードライバーだった自分ですが一人で管理物件を回るようになった頃には運転技術も進歩していて上手いと同僚から言われたこともありました。
何事も時間を費やせばそれなりの成果がでるものですね。
でも走行距離を稼ぐのが不動産管理の仕事ではありません。
不動産管理の主な仕事は家賃滞納者の督促と設備不良の時の業者手配・そして入退去管理の立ち合いがあります。
事務所で待機している時でも結構な数の電話があるのです。
一番多いのは他の不動産屋から管理物件の資料を送って欲しいという電話です。
それから多いのは家賃滞納者の電話かもしれません。
一月ぐらいの滞納者なんて可愛いものです。
半月ぐらいの滞納者もいるのです。
そんな滞納者に不動産管理の従業員は手をこまねいているだけではありません。
当然電話をかけて督促しています。
でも相手も強者で簡単には電話に出ません。
電話の近くにいても居留守を使っていることが多かったようです。
今のように携帯が普及している時代ではなかったので固定電話に電話するしか方法がなかったのでした。
電話しても出てくれない場合は仕方がありません。
部屋を訪問して家賃を払ってもらうように督促します。
それでも居留守を使う人がいるのです。
そんな場合は仕方がないので部屋のドアーに家賃を払ってもらうように貼り紙を張りました。
でもいつの間にか剥がされているので不在というのは嘘だと分りました。
どうしようもない困窮な生活で家賃を払えないのであれば分りますが、車を所有している家賃滞納者もいました。
その人は1年近く家賃を滞納していて大家さんが弁護士に頼んで立ち退きしてもらおうと画策するようになりました。
家賃を遊び代に使っている者は論外だけど生活苦や過ちを犯して刑務所に行き家賃が払えない人もいました。
そんな時は保証人に連絡することになるのですが事情が事情だけに督促する方も辛いものがありました。
不動産管理をしていると色々な生活レベルを見ることが多いです。
さてそんな不動産管理ですが向いている人を考えました。
基本的にクレーム産業なんでクレーマーに対して管理会社の損益を損なうことなく冷静に対応すること
担当者になれば休みの日でも会社から電話がかかってくることが多いので休みの日でも電話があることを覚悟出来る人
家主は癖のある人が多いので家主の性格を見抜いて辛抱強く対応出来る人
以上の三つが不動産管理業界で生き残る条件だと思います。
後は物件によって狭い道を車で通ることがあるので、ある程度は運転に慣れていることも大切だと思います。
大変な仕事だけど絶対に必要な仕事で機械では代替出来ません。
この仕事が好きならば一生会社に残れる可能性もあると思います。
歳を取っても出来る仕事だと思います。

カテゴリー: 不動産 | コメントする

イベントスタッフの仕事

イベントスタッフとはコンサートや何かの催しの運営の手伝いをする仕事です。
その中には机や椅子を運ぶ仕事もあります。
体力を使う仕事で機敏さが要求されるので若い人が大半です。
そんな現場に30代後半の自分が飛び込んだのです。
次の仕事が決まるまでの単発のアルバイトで何とかなるだろうと思っていたけど考えが甘かったです。
最初のうちは若い人に負けない動きをしていたのだけど、段々と疲労が溜まってきて腕も怠くなって重たい長机を移動する時には力が抜けそうになってきたのです。
人はいつまでも若いつもりでいる時があるけど体力仕事をした時に自分の体力の衰えを感じると思います。
中には例外もあると思うけど年齢を重ねたら少しずつ落ちてくるみたいです。
さてイベントスタッフというのは常時仕事がないケースが多いです。
何かのイベントがあった時に登録している会社から電話がかかってくるのです。
自分が呼ばれたイベントはプロ野球の阪神タイガースの本拠地の甲子園球場で開催されたイベントです。
そのイベントとはコンサートだったのです。
そして歌うのはなんと有名なイーグルスでした。
コンサート会場の長椅子等の設置をしている時に目の前に外人がいました。
天然ボケの自分はスタッフの一員だと思って机の位置を指さして「このへんでいいですか?」とその外人に訊きました。
外人は日本語が全く解らずに無言のままでした。
コンサート会場の椅子等の設置が終わった後は場内整理の仕事もありました。
コンサートが始まれば興奮して動き回る人がいるからです。
コンサートが始まりました。
一曲目はなんとイーグルスの大ヒット曲の「ホテルカリフォルニア」でした。
しかしメンバーのドラマーを見るとさきほどスタッフの一員だと思って訊いた外人がドラムを叩いているではないですか!
自分がスタッフと思っていた人は実はイーグルスのドラマーだったのです。
イーグルスというバンドは勿論知っていたけど各々の名前と顔は詳しくはなかったのです。
ドラマーはきっと演奏する場所の下見をしていたのでしょう!
大物のアーティストの演奏に自分は夢中になり仕事に身が入りませんでした。
でもそれは自分だけではなくて多くのスタッフもそうみたいでした。
目の前に大物アーティストがいれば仕事中とはいえ観たくて仕方がない気持ちになってしまうものです。

さてイベントスタッフは不定期の仕事で管理職以外は正社員は少ないと思うけど興味がある人もいると思います。
自分なりに向いている人を考えました。
先ずは時間内に作業を終わらせなければいけないので積極的に動く人がいいと思います。
それから大勢の人と作業するので阿吽の呼吸を感じることが必要です。
その2つがあって普通の体力があれば誰でもすることが出来ると思います。
有名な人を間近で見る機会が多い仕事かもしれません。

カテゴリー: イベントスタッフ | コメントする

タクシーの無線配車センターの仕事

終電が過ぎたけど家に帰らなければいけない!そんな時はタクシーのお世話になりますよね。
でもその場にタクシーがいない!そんな時でもタクシーの無線配車センターの電話番号を知っていれば迎えにきてくれるのです。
タクシーの無線配車センターって特別な経験がなければ出来ないと思うかもしれないけど、ある程度地理に詳しければ出来るのです。
最新の無線システムはお客様のところにどれぐらい時間がかかるのかも専用パソコンに表示するようになっているんです。
しかし客商売なんで言葉には気をつけた方がいいのです。
利用するお客様の中にはその筋の人もいるし横柄な人や常識がない人もいるのです。
「○○じゃー」と名前だけを言って電話を切るお客様もいました。
そのお客様はまともな仕事はしていませんでしたが金払いだけはよかったようです。
でも機嫌が悪い時はタクシー内で座席を蹴ることもあったみたいです。
タクシーの運転手の間ではかなり有名な人でした。
その人はテキヤの親分みたいでした。
トロトロした受けごたえや失礼な話し方をして怒らせてはいけないので神経を使いました。

タクシーの無線配車センターは24時間営業していたけど0時を過ぎた頃から客層が変ることが多かったです。
特に多かったのはスナック関係の人です。
お客さんを無事に帰らせるのも客商売であるスナックの従業員の仕事ですね。
そんないいお客さんばっかりだったらいいのだけど深夜を過ぎると質の悪い客が増えるのです。
飲み屋で飲んでいてタクシーを呼んでもなかなか乗車しない客もいました。
殿さま気分の客でした。
それから無線センターのオペレーターとトラブルになりオペレーター室があるタクシー会社に乗り込んできたとんでもない客もいました。
散々暴れた後に事務の人が警察を呼んで少しはおとなしくなったけど、警察を呼ばなければ誰かが殴られて大怪我したかもしれません。
言い方は悪いかもしれませんがタクシー会社やタクシー業界で働いている人を下に見る人が少なからずいるのです。
タクシーの無線のオペレーターをしていたらよく分ります。
電話越しとはいえ感じるのです
でも誇りをもってタクシー業界で働いている人もいるのです。

さてそんなタクシーの無線オペレーターに向いている人を考えてみました。
地理に詳しい人が望ましいです。
地理に詳しかったらタクシーの運転手を誘導しやすいのです。
タクシーの運転手も道に迷うことがあり、そんな時は無線オペレーターが誘導するのです。
次は客商売なんで丁寧な言葉を使える人がいいです。
丁寧過ぎる応対は必要ないかもしれませんが、無用のトラブルを防ぐには丁寧な応対が一番です。
次は狭い部屋に何人かで電話の受けごたえをするので嫌な人とも合わす必要があります。
無線室を出るのは休憩する時だけなんで嫌な人とも長い時間一緒にいなければなりません。
上記の条件を満たす人にとって無線オペレーターは楽しい仕事になる可能性があります。
電話越しとはいえ様々な人と話すことはそれなりに楽しいものですし、体力を使わないので結構長時間勤務することも出来ます。
タクシーの無線オペレーターはハローワークではあまり求人を見ないですが、チラシ等には時々掲載しているのでチェックしてくださいね。

カテゴリー: タクシー | コメントする

リフォームの営業の仕事

リフォーム会社の強引な営業方法は一時期社会的な問題になって政府も対策を講じました。
そんなリフォーム会社に2度も入社しました。
でも2社とも3日も持ちませんでした(-_-;)

「完全実力制度」
「高歩合比率」
「稼げる営業マンにします」

こんな求人の謳い文句に惹かれて入社したのが自分でした。
職場の人間関係の窮屈さに辟易していた自分でしたがリフォームの営業ならば実力さえあれば生きていけるのではないかという甘い考えを抱いて入社したのです。
研修内容はロールプレイという顧客との対応方法を記したマニュアルをひたすら復唱するだけのものでした。
でも自分は一人前の営業マンになりたくて懸命に練習しました。
でも復唱しているマニュアルを読むたびに疑念が出てきました。
どう考えても顧客を欺く内容のマニュアルだったのです。
現場には営業マンと気付かれないように作業員風の服装で営業しろ!と言われました。
スーツ姿の営業マンだったら警戒されると経験上分っていたみたいでした。
そんな会社なんで強い目的がなければ生き残るのは無理みたいでした。
自分は2日で音を上げました。
残っている人は金がすべてという価値観の人が多かったのかもしれません。
実際に借金を抱えていた人もいました。
他には遊び人風の人で金が必要な人もいました。
でも自分は仕事そのものに喜びや楽しさを感じたい種類の人間だったので体質的に合わないと2日の途中で気付いたのです。
3日目の出社日は無断で休みました。
2日分の給料は恥ずかしくて取りに行く勇気がありませんでした。

それから暫くしてリフォーム会社の強引な営業手法が社会問題化しました。
悪質な会社は国が管理するホームページに記載されたように記憶しています。
その頃は本当にリフォーム系の営業が多かったのです。
リフォーム系に限らずに歩合制の飛び込み営業が多かったと思います。
その中のいくつかの会社は倒産したとニュースで知りました。
今思い返せばその頃は金の亡者が多くて、そんな人たちに憧れる人もいたと思います。
映画の「バブルと寝た女たち」はその頃の様子を描いています。
原作者の家田祥子さんは今は思うところがあって僧侶になっているみたいですね。
さてそんなリフォーム会社の飛び込み営業ですが向いている人を考えました。

とにかく金の為と割り切って自分を殺せる人
猛烈に金を稼がなくてはいけない事情がある人
そんな人たちでなければ高歩合制の会社の飛び込み営業を続けることは出来ないと思います。
それほど厳しい世界なのです。

カテゴリー: 飛び込み営業 | コメントする

工場労働者の仕事

今は工場の労働者は派遣会社が人材を派遣することが多くなってきたけど、自分たちの頃は事情が違いました。
自分たちの頃の工場労働者は正社員以外は臨時で働く人が多かったです。
学生が夏休みに工場で働くケースもあったし、転職活動中に働くケースもありました。
それは工場で働く期間が短期があることが多かったからです。
どんな職業にも繁忙期があると思うけど工場も繁忙期があるみたいです。
そんな繁忙期に短期間のバイトを募集することが多かったのです。
その時期は学生が夏休みや春休み期間の時が多かったのです。
そのせいかバイト中は若い人の顔を見ることが多かったと記憶しています。
長髪や髭面の若者もいた気がします。
でも正社員として働いている人たちは言っては悪いですが冴えない表情の中年の人が多かったのです。
その中には癖のある人や口の悪い人もいました。
でも短期間しか働く予定がなかったので、なるべく関わらないようにしました。

人には仕事の向き・不向きがあります。
実は自分は工場で働くことが苦手です。
せめて働いている間だけでも好きになろうとしたけど好きになれませんでした。
そのせいか工場で一番長く働いた期間でも3週間程度でした。実際は3週間でも5日程度ずる休みしていたので実質は2週間ぐらいしか働いていませんでした。
流れてくる商品の部品を前にしたら考えることは何もありませんでした。
ひたすらネジを閉めるならばネジを閉めることだけに集中していればよかったのです。
そんな作業を黙々とこなしている人もいたけど、自分は身体が痛くなって仕方がありませんでした。
それよりもひたすら単調なことを繰り返すことに嫌気が差してきたのです。
喜劇王のチャップリンの作品に「モダンタイムス」というのがあります。
機械文明を風刺した作品ですがオートメーション化によって人間らしい生活が失せていくことを痛烈に作品の中で批判しています。

工場の流れ作業も人間を機械化するのではないかと当時は思っていました。
短期間と分っていても辛いものがありました。
そんな仕事を何とか楽にこなす方法はないかと考えて心の中で歌を歌うことにしました。
当時好きだった井上陽水の歌を歌いながら単純作業をこなしたのです。
そうすることによって時間の経過を早く感じることが出来たのです。
歌の力って偉大ですね(笑)
それから自分は大人になって電子絵本や童話を発表しているけど空想好きな人間でした。
歌に飽きた時は自分がヒーローになった空想をしました。
そうするうちに休憩時間がくるのです。
でも仕事中に心の中で歌を歌ったり空想に耽るのは仕事に身が入っていない証拠ですね(笑)

さて単純な作業だけど休みが比較的多いのが工場労働者だと思います。
どんな人が向いているのでしょうか?
自分なりに考察してみました。
仕事に喜びを求めずに生活の為だと割り切れる人
単純で面白みのない工場の仕事も生活の為だと割り切れる人だったら長く働くことが出来ると思っています。
実際にそういう人を何人か見てきました。
他には少し癖のある人が多い印象なのでそんな人たちと何とか付き合っていける人
上記の条件を満たす人であれば工場労働者としてやっていけるのではないかと思います。

カテゴリー: 工場 | コメントする