警備員(巡回警備)の仕事

巡回警備という警備があります。
施設でカッコいい制服を着て帽子を被っている警備員を見たことがあると思いますが、巡回警備員の人達です。
巡回警備員は交通警備員と大きく仕事内容が違います。
交通警備員が工事中の事故を防ぐ役割を担っているのに対して巡回警備員は建物の中の治安を守る仕事なんです。
建物内には色々な人が入ってきますが地理に不安な人もいます。そんな人たちを目的の場所に誘導するのも巡回警備員の役割なんです。
巡回警備員は現場にもよりますが交代で勤務することが多くて交通警備員よりも休める時間が多いと思います。
それから交通警備員のように警備中に車に轢かれる可能性は少ないと思います。
でも常に建物のエライさんから見られる立場なんで服装や言葉遣いにうるさい現場もあるんです。
巡回警備の中には大きな公園内を一定の間隔で巡回する仕事もあります。
自分が働いていた現場は自転車で巡回する現場でしたが、一周回るのに20分程度かかりました。
でも巡回なんで自転車を漕いでいればいいのではなくて、施設内に異常があれば写真を撮り現場の担当者に報告することになっていました。
デジカメで写真を撮るだけの簡単な作業だったのですが、一緒に巡回している人が年配で機械音痴でデジカメの撮り方は解っても待機所に置いているプリンターの使い方が解らないのでいつも彼の代わりに印刷してあげました。
でもその同僚はプライドが高いのか?親切にプリントしてあげても「ありがとう」の一言が素直に言えない困ったちゃんなのでした。
困ったちゃんのおじさんは協調性がなくて一緒に仕事がしづらかったです。
自転車で巡回する時は後から付いていく自分のことは全然考えずに年甲斐もなく思い切り自転車を飛ばすのでした。
もしかしてまだまだ若いことを誇示していたのかもしれません(笑)
それから凄い不器用でトイレに行く時に使う鍵の扱いが乱暴だったのか?鍵を折り曲げてしまって翌日自分が報告する番だったので現場の担当者に謝りました。
現場の担当者は怒った様子はなかったのですが、年配のおじさんが起こした不始末に自分が謝ることにおかしいと思ったけど、喧嘩になるので黙って年配のおじさんの代わりに謝りました。
それなのに年配のおじさんは「すまない」の一言も発することはありませんでした。
正直な話そのおじさんのことをつまらないプライドから抜けきれない人だと思っていました。
そのおじさんは今は民営化した鉄道の元乗務員でした。
過去の会社で働いていたことを誇りに思うのは勝手だけど違う職場でそれを誇示して欲しくないものです。
おじさんは本当は誇示するつもりはなかったのかもしれないけど、プライドが身体に染みついていたのかもしれません。

施設警備員をして困ることは現場によってクレーマーが多いことです。
ある役所で施設警備をしていた時にクレーマーに絡まれて15分ぐらい、その場から動けないことがありました。
クレームの内容は政治的なことでしたが誰かにクレームをぶつけなくては気が済まなかったのでしょう!
でも聞かされる警備員は辛いものです。
そんな時は権力がある警察官がいいと思ったこともありました。

さてそんな施設警備員ですが向いている人はどんな人か考えてみました。
施設警備員も交通警備員と同様に立ち仕事が多い現場が多いので立ち仕事が苦にならない人がいいと思います。
他には道を訊かれることが多いのでサービス精神がある人がいいと思います。
施設警備員はサービス業の一種でもあると思います。
他には2人一組で動くことがあるので嫌な相手とも合わせる協調性と忍耐が必要だと思います。
この仕事も好きな人にとっては居心地のいい職場かもしれません。
ノルマもないし人が揃っていれば平日に休むことも可能です。
平日にしか出来ないことってありますからね。
有名な警備会社に転職するのはハードルが高いかもしれませんがそうでない場合は比較的入りやすい仕事だと思います。
でも最近は資格や経験の有無を問う警備会社が増えてきたみたいです。

カテゴリー: 警備員 | コメントする

棚卸代行業の仕事

棚卸という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、棚卸代行業という
言葉は知らない人が多いのではないでしょうか?
実はそんな会社は多くはないけどあるんです。
自分が働いていた会社はコンビニを中心に棚卸をしていました。
この棚卸という作業はされる店舗様のオーナにとっては大変なものなのです。
その理由とは?
同じ棚卸でも決算月というのがあるんです。
その時の棚卸の結果でオーナー様の資産が決まってしまうのです。
帳簿上の在庫と実在庫を比較する作業が棚卸ですが、実在庫が本当の在庫になってしまうのです。
自分で買った商品なのに棚卸の結果が帳簿よりも少なければオーナ様の資産が削られてしまってオーナ様が損をすることになってしまうのです。
だから棚卸の結果にはオーナーは神経を尖らせていました。
そんな事情があり棚卸後には棚卸の正確さを試すテストがありました。
オーナーやコンビニの担当者が場所を決めてそこの棚を再度数えるのです。
その結果が最初の結果と著しく違っていれば再棚卸になり日を改めて同じ店の棚卸をすることが契約で決められていることもありました。
数えることは仕事なんで数えることに関しては自信があったけどスピードも求められるのでチンタラチンタラ数える訳にはいかなかったのです。
スピードを上げればどうしても数え間違いが発生しやすくなるのです。
自分はそんな棚卸代行業のリーダーとして活躍していました。
リーダーとしての主な仕事は若いメンバーの棚卸する場所の配置でした。
自分が働いていた会社は一日に2店舗の棚卸をしていました。
でも1店舗目と2店舗目の移動の距離がある時は大変でした。
移動だけで1時間以上かかってゆっくりとご飯を食べる暇がなくなり2店舗目の倉庫でご飯を食べさせてもらったことも何回かありました。
勿論自前でコンビニの弁当やお茶を買うので2店舗目のオーナーさんや店長さんは喜んでいました。
この棚卸という商売は昔から日本にあったのではなくてアメリカ経由で日本に導入されたみたいです。
絶対に必要な仕事みたいで今では同業者が増えてきているみたいです。

棚卸代行業に向いている人を考えてみました。
早く正確に商品を数えることが必要なので視力と注意深さが必要だと思います。
それからしゃがんだり動き回ることが多いので体力とフットワークの軽さも必要です。
それだけ兼ね備えていたら誰でも出来る仕事だと思います。

カテゴリー: 棚卸代行業 | コメントする

警備員(交通警備)の仕事

この仕事をしている人は工事現場や施設でよく見ますね。
道路や歩道の下に水道管やガス管があることが多いですが、その管を交換したり増設する時には工事業者を呼びます。
警備員は工事には直接関わりませんが、法令で工事の際は警備員を置くことになっているみたいです。
自分が働いていた警備会社も多くの工事業者と取引がありました。
交通警備員のことを旗を振るだけの楽な仕事だと勘違いしている人が今でもいるかもしれません。
経験者であれば分ることですが結構体力も疲れるし精神的にも疲れる仕事です。
その割に今はそんなに給料はいいことがないみたいです。
自分が働いていた頃は警備員だけの仕事で何とか生活出来ていました。
その頃はバブルがはじける前で建築工事が結構多かったのです。

さて楽だと思っている交通警備ですが大変なのは理由があります。
先ずは立ちっぱなしということです。
数時間程度ならば立ちっぱなしでも耐えれるかもしれませんが、工事が長引いて8時間近くになることがあるんです。さすがに休憩があるとはいえ8時間近く立ちっぱなしは辛いです。
ただ立っているだけではなくて目も疲れます。
それは常に人と車を見ているからです。
工事の看板を出していても車や重機のことを全然気にしていない歩行者が多いため歩行者の誘導に神経も使います。
ぼぉっとしていたら自分も車に轢かれる恐れもあるのです。
工事の都合によりある区間を完全に閉鎖することがあります。
いわゆる通行止めという規制です。
これも結構大変なんです。
車の通行を断るだけだから簡単じゃない?と思う人もいるかもしれません。
そんなことは絶対にないです。
それは通行止めしている区間の家に行きたい人がいるからです。
工事区間に住んでいる人には前もって通行できないことを説明していますが、配達等でどうしても通りたい人がいるのです。
その中には気の短い人もいて
「出来る限り行く」と言って警備員の制止を無視する人もいるのです。
本当は警備員に強制力がないことを知って甞めているのかもしれません。
そんな人が少なからずいるので通行止めは楽そうに見えて楽ではないのです。
それから警備の種類に関わらずに横柄な工事業者がいます。
そんな人を警備する時は口は悪いし態度は横柄なんで大変です。

さて交通警備員に向いている人を自分なりに考えてみました。
先ずは立っている時間が長いので立ち仕事が苦にならない人
次は意外かもしれないけど近隣住民と会話を交わすケースが多いので人当たりの良さも必要だと思います。
他には事故の心配もあるので緊張を持続出来る人

交通警備員は大変な仕事だけどそれが好きな人がいて、今はするには資格が必要になってきました。
警備業を10年以上も続けている人もいるので向いている人には直行直帰が出来る利点もあって良い仕事なのかもしれないです。
自分の見解では組織で生きるのが苦手な人に向いていそうな気がします。

カテゴリー: 警備員 | コメントする

倉庫作業員(電気商社)の仕事

ここの会社には派遣社員として働いたけど、なかなか大変なことが多かった会社でした。
不景気で仕事のない時期に見つけた仕事だったけど常識外れの会社でした。
中堅社員が週に三回も休んだり、タイムカードの不正もあった会社でした。
他にも色々ありましたがこの場では詳しく書けないので、派遣社員の立場の弱さに焦点をあてて書きたいと思います。
この会社の人事は狂っていました。
元課長が担当していた部署はとても大変で重要だったけどみんな嫌がって最終的には派遣社員の女の子が担当することになりました。
本当は自分がその部署で責任者として働くことになったのですがデタラメな会社なのが分っていたので断りました。
その頼みを断って正解だと後になって思いました。
最初は社員2人と派遣社員の女の子の3人でその部署を担当することになっていたのですが、派遣社員の女の子が健気に働くから責任感の薄い2人の社員は休んでも何とかその部署は回っていくだろうと思うようになってきたのです。
2人とも倉庫の責任者である倉庫長とお互いに利用しあう関係で、社員の2人が休んでも自分も彼らに助けてもらうことがあるからと思っていたのか注意することはありませんでした。
そんな倉庫長は倉庫内では嫌われ者で仲間がいなかったのです。
でもいつしか古参社員になり倉庫長の地位まで上りつめたのです。

大変な部署でずっと働いていた元課長は社長に向かって泣き言を言っていました。

「社長いつまで私はこの辛い部署で働かなくてはいけないのでっか?もう目が見えまへんねん」

社長は元課長の言い分は十分理解していましたが、後釜がいないので元課長に頼み込みました。

「○○課長!もう一年だけ辛抱してえなぁ」

元課長は気力を振り絞って最後の一年間のお勤めを果たしました。
でも肝心の後継者がなかなか決まらなかったのです。
それほど大変な部署だったのです。
会社内で発言力があったのは売り上げがある営業マンでした。
その営業マンの言うことは絶対で下に見られていた倉庫で働いていた人は理不尽なことでも辛抱して耐えなくてはいけなかったのです。
元課長が働いてた部署は倉庫から外に出庫される最後のチェックの場所でした。
でも近代的な設備もなくて効率化されていない出庫部署は各担当部署からくる荷物でごった返していました。
じっくりチェックする時間などありませんでした。
それでも誤出荷したら営業マンから叱責されました。
それで元課長も相当頭を痛めていたしイライラが募って癇癪を起すことが多くなってきました。
その割に給与は新入社員とほとんど変わらないぐらいでした。
そんな大変で割に合わない場所で誰も働きたくはなかったのです。
みんな逃げ回っていました。
中には面白半分に元課長の後釜は誰かと噂する人もいました。

誰もが後釜にはなりたくはありませんでしたが誰かが受けなくてはいけませんでした。
最初に後継者として候補に挙がったのは古参社員の○○○でした。
でも辛い部署だと重々知っていたので家庭の理由で断りました。
その次に声がかかると予想されたのは中堅社員でしたが、悪知恵を絞り出して派遣社員なのに責任感の強い自分を言葉巧みに元課長の後釜にするように倉庫長に具申したのです。
ある日の朝でした。
珍しく朝礼が終わった後にチームの主任から少し話があるので応接室に来て欲しいと言われました。
倉庫長を交えた三者会談になりました。
開口一番倉庫長から言われた言葉は意外なものでした。

「古参社員の○○○が家庭の事情の為に元課長の部署にはいけない。簡単な仕事なんでやってくれないか?」

自分は古参社員の○○○が辛い部署から逃げたことも直ぐに解ったし、簡単な仕事だと言う倉庫長の言葉も嘘だと直ぐに分りました。
不景気な時代で次の仕事がなかなか見つけにくい時だったので暫く悩みました。
でも最後は会社に対する不信感があったので断りました。
でもそれからは自分に対する嫌がらせや苛めが激増しました。
結局はこんな腐った会社にいたら駄目だと思い自ら離職しました。

大変な部署を任せられることになった派遣の女の子は不景気な時代でなかなか仕事が見つからないことを自覚していて懸命にその部署で働きましたが、時には泣きそうな表情になっていたこともありました。
定時内に仕事が終わらないので朝早くきて仕事をしていました。
サービス残業をつけると社員からの嫌がらせがあったので無給でのサービス残業でした。
生活の為に懸命に頑張る女性派遣社員でしたが無責任な二人の社員は交代で週に数回休んでいました。
そんな彼らでも倉庫長のお気に入りだったので賞与は多かったのです。
完全に狂った会社でしたが身分の不安定な派遣社員は理不尽なことでも辛抱して受け入れるしかありませんでした。

倉庫で働く為に大切なことは以前に書いたので割愛しますが、派遣社員とは例外もありますが都合よく利用される存在であることは確かだと思います。
特にこの記事の中で書いた腐った会社では尚更です。
自分の作品の宣伝になりますが近い将来YouTubeで「派遣社員はつらいよ!」という短編形式の作品を発表するつもりです。
この記事に書いた会社を題材にするので発表したら読んでくださいね。

カテゴリー: 倉庫 | コメントする

倉庫作業員(電化製品)の仕事

倉庫作業員というとどんなイメージですか?
正直な話をすると以前は良いイメージがありませんでした。
でも自分だけがそう思っているのではなさそうで最近ではピッキング作業とカタカナで求人している会社も増えてきました。
自分は何回か倉庫で働いていますが、その時の話は一ページで収まりそうにないので数回に分けて書いていきたいと思います。
自分が働いていた倉庫では電化製品を扱っていました。
電気店に商品が並んでいると思いますが、そんな商品も自分が働いていた倉庫から出荷されていました。
でも倉庫内って自分の経験上ですが狭くて閉鎖的なイメージがあるのです。
こんなことを書くと職業差別とか中傷と言われるかもしれませんが、正直な話を書かせてください。
自分が働いていた倉庫では正確に出荷することを絶対的に要求されていました。
誤出荷(間違った商品や間違った出荷先に出庫する)には厳しかったです。
そんな会社だから誤出荷を減らす為に誤出荷記録をつけていました。
誤出荷記録とは誤出荷した回数を記録する為のものでした。
自分は慎重な性格で何回も確かめてから出庫していたし誤出荷を指摘されたこともないので誤出荷記録はゼロだと思っていたけど、いつも少しだけ間違えていることになっていました。
それが府に落ちなかった自分はある日に若い記録係の男に聞きました。

「俺の記憶と誤出荷記録の誤出荷数がいつも一致しないんだけど本当に正確なのか!」

少し強い口調で問うと若い責任者の男は言いました。

「いつも誤出荷ゼロのあんたにみんなの妬みがあったから適当に誤出荷数を増やしたよ」

その話を聞いた自分は怒りもあったけど心の狭い同僚や陰湿な会社の風土に嫌気が差してそれ以上文句を言う気力がなくなってしまったのです。
倉庫の出荷係はミスをしないことだけが唯一の仕事の成果であると思われていたのです。
そんな風土でいつも誤出荷がゼロの自分は妬まれていたのでした。
そんなこともあってその会社を病気を理由に辞めました。

陰湿な風土もあった倉庫での仕事でしたが楽しいこともありました。
それは仲のよい同僚との仕事終わりの食事でした。
職場から5分程度の場所に大きなショッピングセンターがありました。
駅で言えば住之江公園駅です。
その中にレストラン街があったのです。
そこの中華料理が美味しくてよく食べに行っていました。

「持つべきものは友ですね(^^♪」

結局は友人も自分もその職場を辞めることになったのですが、今でも時々連絡を取っています。
どこで長く付き合える友達ができるかは誰にも分りませんね。
個人的な見解では「友達と一緒に楽しい人生を生きよ!」との天の計らいだと思っています。
知らず知らずのうちに自分たちは仕組みの中に生きているんだと思っています。
こんなことを書くと目に見える物が絶対だとする人たちのお怒りを受けそうですが、自分を含めみんな仕組みの中に生きていると思っています。
話がかなり脱線してきたのは、タイトルが「マサの寄り道職業図鑑」だから許してください!

さて倉庫での作業に向いている人はどんな人なのか自分なりに考えました。
先ずは視力がいいことです。
視力が悪ければ商品コードが見えずに誤出荷の恐れがあります。
次には物事をじっくり見ることが出来る性格です。
これは訓練によって培うことが出来ると思っています。
倉庫での出荷作業にとって一番大切なことは誤出荷を無くし減らすことだと思います。
それはすべての倉庫業界で働いている人が感じていることだと思うけど、仕事で信用を得るにはそれが一番大切なことだと思います。
陰湿な風土がある職場も多いかと思いますが、興味がある人は倉庫業にトライしてくださいね。
人間関係によってはワイワイガヤガヤと楽しい職場になる可能性もあると思っています。
でも狭い社会なんでお山の大将が出来やすいです。
人付き合いが苦手な人はお山の大将にイジメられたり利用されることがあるかもしれません。

カテゴリー: 倉庫 | タグ: | コメントする

深夜スーパーの仕事

深夜スーパーに勤務したことがあります。
そこでは色々なことがありました。
思い出す限り書いていきます。
そのスーパーは大阪市の梅田の飲食ビルが密集している近くにあったので飲食関係のお客さんが多かったです。
その中でもスナック関係の人が多くて夕方は忙しさのピークになることが多かったです。
自分はレジ業務と仕入れ業務をしていたのですが、どちらも初めての経験でした。
しかし当時のレジは今みたいにバーコードをスキャンするタイプではなくて一商品ごとレジで打ち込んでいくタイプだったのです。
そのせいかレジ上の金額と現金が違うことがありました。
でも少しぐらいの差額は気にしない社長だったので助かりました。
でもピーク時にはお客さんが並ぶケースが多くて未熟な自分は必死にレジを打っていたのですが、お客さんによっては金額を言ってもなかなか財布からお金を出さない人がいて困りました。
今でも覚えていることですが3000円代の買い物をしてすべて1円玉で出してきたお客さんがいました。
その時には交代で休んでいる人を呼んで数えるのを助けてもらいましたが、助けがなかったらレジ業務が大渋滞になるとこでした。
今のレジは自動的に硬貨を数えてくれるタイプもあるみたいですが、当時はそんなものは空想の中の話だったのです。
少なくてもレジに関してはそうでした。

そのスーパーは昼間はそうでもありませんでしたが夜の11時過ぎになると変わったお客様が多かったのです。
おかまちゃんやその筋の人やチンピラが多く来店してきたのです。
正直おかまちゃんはともかくその筋の人やチンピラが来店してきた時は怖さがありました。
出来る限り目を合わさないように接客しました。
でも酒に酔ったチンピラはタチが悪かったです。
店員の態度が気にいらなかったのかレジの前で傘を振り回して意味不明のことを喚き散らしたチンピラがいました。
その時は危ないと思って警察を呼びました。
110番して5分程度で2人の警察官がきましたがどちらも屈強そうな警察官で喚き散らしていたチンピラは顔色が変わり泣きそうになったのです。
貧弱そうな警察官を見たこともありますが、事件によっては屈強な警察官がくるとその時に知ったのです。

ある日の夜のことでした。一人のおかまちゃんが来店してきました。
その時に鉢合わせたのがその筋の人でした。
その筋の人は男なのに女言葉を使うおかまちゃんを許せなかったのでしょう!
「もっと男らしくせえ!」
と怒鳴ったのです。
その場ではおかまちゃんも怖くて黙っていましたが、後になって「だっておかまですもん!仕方ないでしょう!」って言ったそうです。
その筋の人がその場で聞いていたらどんなリアクションがあったのかと少し興味ありです(^^♪

さてそんな色々な客がくる深夜スーパーですが、向いている人はサービス精神が強い人だと思います。マニュアル通りに機械的に動いても固定客はつかないと思います。
固定客というのは商品の良さと価格でも店を選ぶと思うけど店員の接客態度も見ていると思います。
乱暴な接客態度をしてその筋の人に殴られた人もいました。
接客とはお客様のことを第一に考えることが基本だと思います。
それから身だしなみにも注意ですね。
それから最初に言ったことと少し矛盾するかもしれませんが、タチの悪い客をあしらう方法を知っているのも大切なことだと思います。
深夜スーパーには酔っぱらい・その筋の人・チンピラ・おかまちゃん・万引きする人等の色々な人がきます。
そんな人を上手にあしらうにはそれなりの経験が必要だと思います。
出来たらそんな客あしらいが上手な先輩がいれば安心です。

カテゴリー: 販売職 | コメントする

ルートセールスの仕事

高校を卒業して最初に就いた正社員の仕事がルートセールスでした。
車の電装関連の商品を売っている会社だったけど、完全な家族経営の会社でした。
社長の弟が専務で兄が常務でした。
彼らの父親は見るからに歳をとった社長でした。
面接の時は若い自分を優先的にに採用したいと言っていたのを今でも覚えています。
そんな社長は現役時代も車の運転が出来ずに自転車で商品の配達をしていたそうです。
その話は得意先の社長から聞きました。

ルートセールスというと御用聞きみたいなイメージを今でも持っている人がいるかもしれませんが、やはりセールスなんで営業テクニックや売る熱意がなければ勤まりません。
でも当時の自分は営業テクニックもないし強引に物を売ることに対して抵抗すら感じていました。
そんな自分の仕事ぶりを見て営業責任者も兼ねていた専務は苦言を呈してきました。
「もっとお客さんとしっかり話をしなくてはいけないよ!」
若い自分を失いたくないのか専務の苦言は丁寧な口調でしたが、口調のトーンからは「こいつは使い物にならないぞ!」という感情を心なしか感じました。
結局社会に出て一番最初の仕事のルートセールスは1年少しで辞めてしまいました。
辞める直前は会社に行くことすら苦痛でした。
でも今思えばその時の現実逃避が転職を何回も繰り返す原因になったのかも?

さてルートセールスで生きていく為に大切なことを自分なりに考えました。
先ずは当たり前のことだけどお客様と恐れずにコミュニケーションが取れる人
これは絶対条件じゃないかなぁ。。
それから商品を好きになり商品知識を増やすこと
商品知識が増えたらお客様にも勧めやすいです。
後は売れない時でも何とかなるわ!という楽観的な気持ちを持てる人かな。
注文が一つもない時はノルマがなかっても正直辛いです。
月末になっても一件の注文がない時は上司の顔を見るのが苦痛でした。

kowai

カテゴリー: ルートセールス | コメントする